DFSP闘病生活回顧録

隆起性皮膚線維肉腫と言われましてん

DFSP闘病生活回顧録(18)

8月22日 外来診療(病理説明)

一昨日、手作りした胸あてクッションを2日間試してみた。フェイス枕はまだなので、顔だけは横に向いて寝たけど、胸の圧迫はさほど苦しく無くて、ある程度は耐えられる感じでした。

それよりもやっぱり(´Д`)ハァ…な病理説明があったよ〜(TдT)〜

N先生「19日の血液検査なんですが、ちょっとまずいことに抗生物質が効かない耐性菌が見つかりまして、手術日程と言うか術式を変えて対応したいと思います。」

私「と、言うと?」

N先生「通常通り入院して頂いて、当初の手術は患部を出来るだけ綺麗にデブリする事にします。其の後、耐性菌の反応が無くなるまで経過を注視してから再度移植の手術をしたいと考えています。なので入院期間が相当延長になると思いますので御了承頂きたいのですが、宜しいでしょうか?」

私「相当とはどれくらいですか?」

N先生「耐性菌が完全に無くなる状態での手術を考えてますので、当初の10〜12日から2週間くらいは延びるとは考えておいて戴きたいです。」

私「入院から1ヶ月くらいは予定してたほうが良いですね?」

N先生「一日でも早く退院出来るように万全を期します」

私「判りました。全てお任せします、仕事のほうも調整しますのでご心配なく!」

なんか悪い菌が悪さしてるらしいです(-.-;)
8月24日再入院で1ヶ月くらい…9月まるまるアウトです(¯―¯٥)

あの暑い中で汗をかいたのがマズかったのかも!?

再度の入院期間がこれ程になるとは、なんだかなぁ…_| ̄|○です!

再入院までの準備も多めにしなければ…

家に帰って家族に報告(。ŏ﹏ŏ)

家族全員、目がテン!になったけど、「まぁ入院が長いのはしんどいやろうけど、一生に一度くらいの気持ちでゆっくりしたら!」と優しい言葉を全員から…安堵と勇気を貰いました。

色々と複雑な気持ちは有ったでしょうが、気を遣ってるんでしょうね!(感謝)

 

VITABON(ヴィタボン) Calm(バニラ&グリンティ-)

VITABON(ヴィタボン) Calm(バニラ&グリンティ-)