読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DFSP闘病生活回顧録

隆起性皮膚線維肉腫と言われましてん

DFSP闘病生活回顧録(32)

手術後10日目 9月16日

何とはなく、徐々にうつ伏せ安静の時間も減り、何もせずに窓から外を眺めてます。

スクワットも復活させてラジオを聴きながらナンプレもする…少し前の入院生活を取り戻して来た…

けど、やっぱり外を眺めてる時間が圧倒的に長い。

柄にも無く人生の意味とか、生きるとは?とか…「人生万事塞翁が馬」、自分は上手く生きてる!とハッパをかけてモチベーションをなんとか上げて行きたいんだけどね(ーー;)

今日は午後の診察でまた創部のデータを貰いました。
f:id:xun-dfsp:20161214174001j:image

「非常に良く安定した状態を保っていて、成長した新しい皮膚が全体の60%〜70%まで来てます。なので、感染のリスクを考えながら退院は来週末23日を予定してますが、また不足の事態があれば月末までの可能性も覚悟してください」との事でした。

それとなーく聞こうと思ってたら先に言われた(¯―¯٥)

まぁ今月中に退院出来ればと思ってましたから別段の不足はありません!ただ、退院して直ぐに仕事へ復帰出来る気力があるかどうかは心配です(-_-;)

繰り返しになるけど、来週末の退院でも月末でも退院後仕事復帰の為にモチベーションを上げて行くようにしなければ…アゲアゲパワーはなんでしょう?