読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DFSP闘病生活回顧録

隆起性皮膚線維肉腫と言われましてん

DFSP闘病生活回顧録(38)

普段の生活する上で腰周りの保護は結構重要です。

腰パンするような年齢でも無いので、どうしてもベルトの位置が手術したところの下部にあたるのでキツくも出来ないし、緩めにしても患部を保護しているガーゼの上で動くたびにガーゼが擦れてしまい、薄く出来上がった皮膚を傷つけるような感じになります。

と言う事でxunオリジナル患部保護パッドを作成!\(^o^)/

材料は、床などの滑り止めとパソコン用のマウスパッド。 あとは木工用ボンドで貼り付けるとほらこの通り…↓↓↓


f:id:xun-dfsp:20161222124750j:image

後は患部のガーゼの上でホールド、腹巻とか腰痛ベルトのようなもので固定すればバッチリです(^_-)-☆

コルセットも発注しましたよ!

これでベルトもしやすくなりました。が、腰周りが分厚くなって今までのスラックスなどのウエストが合わなくなりました…(~_~;)

また余計な出費が……保護用の材料費は200円で済んだのに(;´Д`)