DFSP闘病生活回顧録

隆起性皮膚線維肉腫と言われましてん

DFSP闘病生活回顧録(45)

10/31 今月ラストの外来診療日
前回の診察からそんなに日にちも経って無いんだけど、家でガーゼを取り替える時も変な血液や体液は直ぐに付かなくなった。
f:id:xun-dfsp:20161226220314j:image

N先生、「ガーゼに何もついてませんし、またプロペトに戻して頂いて結構です!流石に治るスピードも早くなったようです。皮膚の状態も形成外科的にはもう問題無くはなってますので次回の診察は少し間を空けてみましょう。」
続けて「それから急で申し訳無いのですが、11月から形成外科から救急外来に移動になりました。その為、今後は別の医師に引き継いでxunさんの経過観察させていただきます。」

ですと… いきなりですが… 取り敢えず今までの感謝を伝え、移動先でのご活躍をお祈りさせて頂きました。

交代する担当者の先生は入院中にN先生がお休みの時に診て頂いているし、医療カンファレンスの時もお会いしてるので心配はしてませんが、一応命を預けた先生とは違った感覚があります。(´-﹏-`;)

N先生、今までありがとうございました。命を預ける医師が先生で本当に良かったと思います。大袈裟かもしれませんが、心の底からそう思います。救急外来は今まで以上に過酷な科だと看護師さんから聞きました。お身体を大切にこれからも頑張って下さい。

次回診察日は、ほぼ1ヶ月後の11月25日になりました。
f:id:xun-dfsp:20161226225309j:image