DFSP闘病生活回顧録

隆起性皮膚線維肉腫と言われましてん

DFSP闘病生活回顧録(82)

雑稿 寄り道的xunの考察③

f:id:xun-dfsp:20180226200445j:image

ウィキペディアより〉

レイキが奇跡を起こすテクニックだとかは、全く思ってません。昔も今も…

ただ、起こった事実は、偶然と偶然の重なりなのかも判らないけど、レイキが因子であり引き金であった事と今も確信してます。•̀.̫•́✧

結婚して6年、カイロプラクティックの施術センターも安定して来た当時…

xunはティーチャーにはなってたけど、あまり家人はスピリチュアル的?な興味も無いので家庭ではそんな話題は上らず過ごしてましたが、二人に共通の友人(元は家人の親友)がxunのクライアントになりレイキに興味を持って伝授を希望してたのでxunに伝授してくれたしたティーチャーを紹介。

その影響?で家人も少し興味を持って伝授を受けたようです。

xunが自分で伝授した訳では無いので1stと2ndの両方を受けたのかも知りません…(未だに聞いて無い)

どのように興味を持ったのか、何がどうなる事を望んでたかも個人の心の中なので深く入り込む事はしては無かったしね…(๑´ڡ`๑)

案外軽い気持ちだったのかも知れませんね(^^)

そして、そして…彼女がティーチャーから教わったルーティンの自己ヒーリングを行なっていたある日…「ねぇ、昨日変な事があったんやけど⁉」 xun「ん?」 「昨日ヒーリングしてたら…」 xun「してたら?」 「笑わんと聞いてな!」 xun「笑わんよ^_^」

「頭からずーっと降りて行って、お腹のヒーリングしてたら、お腹の中が光ってん!!」

xun「まぁレイキは光のエネルギーって言うぐらいやからそんな感じを受ける事もあるかもよ…」

「違う!違う!手からの感じじゃ無くて中からブゥゎって光ったんよ…」

「そうなん?雑学的な事で言うなら、受精する瞬間…何億分の一秒って感じでフォトン光子が光るって聞いた事があるけど、まさかヒーリング中とはいえ、それを全身で感じるのかどうかはハテナ?やなぁ…でもそれってマジで感じたんやったら、赤ちゃんが出来た瞬間を感じた事やで(•ө•)♡」

その後、妊娠検査薬で調べたら陽性反応が…

六年の間子宝には恵まれず、2人の生活が続いていて、子供はどちらも「授かれば良いし、仮に授かれ無くてもこのままの生活を送りましょう!」と話はしてたんですが…

レイキが凄いのか、それを手に入れた彼女が凄いのか!?

このあとキッチリと病院で見てもらう事にしたのですが、この病院でも割とびっくりな事実が…

長くなりましたので続きは後日と言う事で(^^♪

 

〈indeep〉

https://indeep.jp/human-eggs-emit-zinc-sparks-at-moment-of-fertilization/