読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DFSP闘病生活回顧録

隆起性皮膚線維肉腫と言われましてん

DFSP闘病生活回顧録(53)

退院後6ヶ月経ちました。あっと言う間(≧▽≦)

確実に春の足音は近づいてますが、共にスギ花粉も容赦なく街中を覆ってます。

私自身は今のところ花粉症は発症してませんけど、外にいる時間が長いので花粉症対策のメガネを掛けてないと目がゴロゴロして辛いです。

手術後の経過は順調そのものです(^_-)


f:id:xun-dfsp:20170322204610j:image
f:id:xun-dfsp:20170322204629j:image
f:id:xun-dfsp:20170322204640j:image

今回は、皮膚を切り取った横っ腹の写真も載せときます。あかーぃ線がぴゅーっと浮き出てなかなかこの赤みが消えません(・・;)

N先生は何の問題も無しですと笑ってましたが、赤い線が消えていくのだろうか?

何かの記事でこのような傷跡などに玉ねぎの汁を塗ると赤みがキレイに消えると読んだことがあるんだけど、ホンマかなぁ…?

前回書いた時の長男君受験は、希望通り第一志望合格でした。

トンビが鷹を産んだようで我が子ながら頭の出来が私とは違うようです。

8ビットのファミコンNINTENDO switchとまでは、違わないとは思いますけどね(*_*)

それから、現在してる仕事に加えて別の仕事をする事になりそうです!

と言うより月末からやる予定になっております。

昔やってた仕事に近い仕事で復活です。

内容はまたの機会と言う事で(^O^)v

 

 

DFSP闘病生活回顧録(52)

3/13 4ヶ月ぶりの診察日

いつものように早め(9:00予約)で到着が8:15、診察受付機械にカードを通してブロック受付に行っても受付自体は8:45なのでコーヒーを自販機で買って暫く待機しようとしてたら、いきなり主治医のN先生と遭遇…

まだ事務方も来て無いのに「お久しぶりです! 良ければこのまま診察しますが大丈夫ですか?」と言う事で、そのまま診察室へ…

N先生「だいぶ間隔が空きましたが、何か変調などありませんでしたか?」

私「手術部は全く不都合はありません!只、臀部の感覚鈍麻な部分が拡がってます」

N先生「手術部は、赤味も消えて肌色が出て来てますが、鈍麻が拡がってますかぁ…」「一年経過をみてもらえれば大分に元に戻るとは思いますが、なんとも言えません。」しょうがないですねぇ(*_*;

日常生活に余り不都合を感じないので、半分は諦めてます。

写真を撮って次回の予約をいれて処方箋を書いて貰っても、9:00になってませんでした。

次回は、8月にCT検査になります。

主治医のN先生は他部署から戻られたようです。ホッとしました(^_^;)


f:id:xun-dfsp:20170313171835j:image
f:id:xun-dfsp:20170313171844j:image

昨日、長男君の受験が終わりました。本人もまんざらでは無く、手応えが有った模様(^o^;

家族間はすこーし戻りましたが、ぎこちなくなりました。ま~だ時間掛かるか、このままか…

どうなるやら(¯―¯٥)

DFSP闘病生活回顧録(51)

2/23退院後5ヶ月です。寒暖の差は激しい日々が続いておりますが、時折見せる柔らかな日差しが、もうすぐ来る春を予感させてくれます。

体の方は、なんとか順調に皮膚が再生してるように思います。只、最近は今までに無かった不快な症状が出て来ました。

立位
f:id:xun-dfsp:20170222211051j:image

屈曲時
f:id:xun-dfsp:20170222211113j:image

皮膚が引きつるような痛みが背中の左側に走ります。

痺れた状態の左臀部以外は別段の後遺症らしきものが出て無かっただけにかなりショックと言うか何と言うか…

精神的なものも影響してるのかなぁ!?

家族関係でいささか変化が起きそうです!

長男君は無事に私学の方は合格しました。

なんと親孝行にも特待生扱いです\(◎o◎)/

トンビが鷹を産むとはこの事ですわ!

あくまで希望は公立で、ほぼ大丈夫なラインみたいなんですが、試験は何が起こるか判らないのでねぇ…

仮に残念な結果が待ち受けても、ハングリー精神が芽生えてくれるかもしれませんねぇ(^^)v

朝から晩まで勉強漬けになるし、その分塾に行く暇もなく、親にとっては入学金から何から全て免除なんてこんなにありがたいことは、おまへん!

後、次男君とは私の大きな勘違いから私が理不尽にキレてから一切のコミュニケーション無し…

奥さんも今までの鬱積したものから不信感が拭えずにこちらも必要最小限のコミュニケーションしか無し…

まぁ何と言うか、自分が撒いた種と言う事で(ーー;)(¯―¯٥)

 

 

DFSP闘病生活回顧録(50)


f:id:xun-dfsp:20170123214444j:image

退院後4ヶ月です。遅まきながら寒中御見舞い申し上げますm(_ _;)m

なんか普段より寒さがこたえるのは私だけですかねぇ(´-﹏-`;)

手術した辺りは防御万全ですが、以前から書き留めてるように左側のお尻辺りが痺れた状態なのが冷えると余計に痺れたようになり、深部に痛みが増幅されます。

なので寒さ·冷え対策に貼るカイロが必需品です。

毎月の患部写真ですが、カメラの光の関係なのか、皮膚の色が周りの皮膚の色に近づいてるように感じます。

まだまだ患部の処置は変わらないし、保護してないと不安感は消えませんが…


f:id:xun-dfsp:20170123201100j:image
f:id:xun-dfsp:20170123201114j:image
f:id:xun-dfsp:20170123201133j:image

 

ホッカイロ 貼る レギュラー 30個

ホッカイロ 貼る レギュラー 30個

 

 




DFSP闘病生活回顧録(49)

12/31大晦日(¯―¯٥)
6/27からのDFSP(隆起性皮膚繊維肉腫)との闘病生活回顧録…

11/14からラジコのタイムフリーばりに追っかけ再生でブログにアップさせて頂いて、漸くリアルタイム・オンタイムにこぎつけました。
今年一年私にとって今までの人生で味わった事の無い時間が過ぎた一年でした。

私自身は取り立てて世の中のニュース(特に芸能等)は興味が無かったのですが、この病気になった事で入院中や退院後も結構その手のニュースを耳にして余計に自分に当てはめて考えてる今…
今年も同年代の有名な方がガンで亡くなった報道を耳にしました。世の中に多大な影響を与える人の訃報などに接すると逆に「自分は幸運にも今生かして貰ってるけどなんで?」と考え込む事があります。仕事も休んでる間、なんら変わらず仕事は回り、家族も可不足無くやってこれました。
世の中にインパクトを与える人間でも無く、家族にとって大きな存在と言う訳でも無く、普通に夫であり、二人の子供の親であり…これと言って揉め事も無く、和気あいあいで存在する家族の一構成要素なだけで、そんなに大きな生き甲斐も無く、夢とか希望とかも渇望するほどのものも無く、諦めている様な人間が静かに生きてる…ある意味、神様が居るのならどんな基準で人の人生を左右するのだろう?
只、最愛の奥さんには一瞬、このまま悪い方向に行けば…と今後の生活不安を与えてしまい、長男には、来年受験と言う生まれて初めて最大のハードルが待ち受けている年に彼なりの葛藤を与えてしまったことでしょう…
申し訳ない事です(´-﹏-`;)

だからこそ今生きている私は、世の中の多くに遍く光を与える事は出来なくても、側にいる家族を大事にする事だけで人生を有意義に全うできるのだと考えるようにします。

この世に生を受けて生命に関わる事案の4回目、今度ばかりは真面で覚悟を決めてましたが、またしても生命を貰いました。

以前の死を覚悟するような事故事案の後、占い師さんから「貴方は本当ならその時に亡くなってます。以降の人生は余命ですので毎日出来る事を精一杯やって悔いなく生きて下さい。」と言われ、生きて来た◯十年…もう少し生きてみるべき事があるのかもしれません( •̀ㅁ•́;)

本日で一応連続の回顧録は終了して、今後は不定期ですが都度何かがありましたら書き込もうと考えてます。

今日までこのブログにお越し下さりありがとうございました。

同じ病気などで困ったり、苦しんで居られる方の息抜きにでもなっていれば大変光栄です!

皆さん、肩の力を抜いて進んでみましょう
(~O~;)

人間万事塞翁が馬」「山よりデッカイ猪は出ん!」「人生、晴れたり曇ったり!」

只今、家族でガキつか見ながら年越しです(^^)v


f:id:xun-dfsp:20161231164113j:image

 

 

DFSP闘病生活回顧録(48)

12/24 もう年末です。今日で退院して3ヶ月経ちました。
前回の外来診療時、CT検査を受けた結果の連絡(問題ありの場合)はありませんでした。今のところ現状は写真の通り、腰を前屈してると丸い痣が有るように見えるくらいまで回復してますが、普通にすると脂肪の分が無いのでやはり穴が空いたようになります(;一_一)
f:id:xun-dfsp:20161231125337j:image
f:id:xun-dfsp:20161231125345j:image
色々あった一年で家族に心配を掛けた一年でした。

来年もこのまま大事に至らずに生きていける事を望んでますが、これが幸福と言う二文字に置き換えられるのでしょう!時々感傷的になる事が多くなったこの頃…
今日はささやかに奥さん手作りの料理でクリスマスディナーです(≧▽≦)
f:id:xun-dfsp:20161231130022j:image

f:id:xun-dfsp:20161231134652j:image




 

DFSP闘病生活回顧録(47)

11/25 ほぼ1ヶ月ぶりなのに…(ーー;)!
先月ラストの診察で主治医N先生の移動を聞いてから初めての外来診療診療日です。
予約時間は10時からですが、いつものように早めに着いて待ち合いでひと息…(*´﹃`*)

つく間もなく、今回も早くに呼び出しマシンがピッピ、ピッピー!と知らせてくれます。

予定時刻より20分以上も前に診察室へ入ると交代の先生が「今回から経過観察させてもらいますねぇ!」「手術部位は問題無いですねぇ!お腹のほうも診ますねぇー!問題無いです。写真だけ撮っておきますねぇ!」
f:id:xun-dfsp:20161229165344j:image

続けて、「じゃっ今回問題無しと言う事で!今まで通りご自宅で処置されてた通り続けて下さい。それから次回は現在の状態が良いので来年の3月くらいにしようと思います。今日は、この後CT検査を受けて頂いてからご帰宅下さい。」「検査の結果に問題が有れば医療センターの方からご連絡させて頂けます。」…… …… ここまで4分です!手際が良いのか、自分担当じゃ無いからなのか?

私「自宅での処置ですが、前に処方して貰ったプロペトがもう残り少ないので出して貰えますか?」
先生「傷口は綺麗なので別に塗らなくても大丈夫ですよ…」
私「N先生が以前に手術部位は綺麗になっても皮脂腺や汗腺が無い為に、どうしても乾燥するので治療薬のヒルドイドが必要無くなっても保湿の為にワセリンなどで保護する必要が有ると言っておられましたが(怒)」
交代医「そうなんですか?判りました。でもワセリンならこのデュオアクティブのほうが良いとは思いますけど…」
私「それは処方出来ないのではありませんか?代替品のビジダームを大量に自費で毎日使う分をここまで買いに来いと?(チョット怒り口調)」٩(๑`^´๑)۶
交代医「アッそうですね!判りました処方箋出します」
交代医「あのー、次回の診察は3月になるので、またN先生が診る事が出来ると思います。」
私「… …そうなんですか?判りました!」

次回診察3月です!そのまま頭を下げ、診察室を出て1FのCT受付で手続きして待ってると、呼出マシンの画面に「形成外科の◯◯先生よりお伝えしたい事がございますので、形成外科受付までお越し下さい。」

CT検査室の受付を済ませてしまうと、検査室の前から動けないので受付の方に形成外科の受付まで連絡してもらい現状ここから動けない旨を伝えて貰うと検査と支払い後でも良いとの事なので、全て済ませてから形成外科の受付に行き、暫く待って診察室に行くと交代医、「わざわざすいません!処方箋出すと言って出すのを忘れてました!」
私「ですよね~!でも精算済ませてから来ても良いとの事でしたから済ませて来ましたが、大丈夫ですかねぇ?」
交代医「会計のほうはちょっと判らないので精算のところで聞いて頂けますか?」
( •̀ㅁ•́;)(; ・`д・´)(゜゜)(; ・`д・´)
私「判りました!ありがとうございました。」

医者も様々!相性もあるのかなぁ…取り敢えず主治医がこの人で無かった事は良かったです!

私の秘密…実は私、瞬間湯沸かし器の様なところがあります。( •̀ㅁ•́;)

一応ガスの元栓は止めておきましたが…(=o=;)

 

血流改善 腰ホットン 大容量 10枚入

血流改善 腰ホットン 大容量 10枚入